私的BUMP談議

昨日ファイナルで、WILLPOLISが完全に終幕。
ほんとお疲れ様でした<(_ _)>

朝からZIPではちゃんとやってくれたけど、
やっぱめざましは5時台にちょろりだったらしく、なんとも残念。


もう2日も経っちまった・・・(゜◇゜)ガーン

まだ若干浮き足だってます。

そう、この冴えないブログもBUMP効果が。笑
昨日今日で40名もの方が覗いてくれたらしい・・・
アクセス数にびっくりしました。


私の考え通りに、来年1月下旬新アルバムリリースが決定★
またライブもやってくれそうですね。
当たれば行きたいと思います(^^)



多感な時期である中学2年生から聞き始め、
9年目に突入した2013年。
まだまだ活動してくれているBUMPに感謝です。

そう、わたし鬼束ちひろが大好きなんですけど・・・・
ほら~腐敗した世界に自ら墜ちちゃったもんだから
昔の彼女からかけ離れているし
宇多田ヒカルもまだまだだから、私の好きなアーティストBUMPのみなんですよね。

(この際ポルノは置いといて。)

曲を出し続けてくれていることに感謝だし
昔の曲も今の曲もどれも私の興味を誘ってくれている事に一番の感謝です。


そこで、唐突に・・・
まりもんぬ的BUMPランキング~(^_^)vパチパチ

好きな曲多すぎて決めづらいですが、中でも思い入れが強いモノを。

共感したり、気になるものあったら聴いてみて下さい~☆



10位 fire sign (ユグドラシル収録)

曲調が何とも言えないくらいに大好き。
「誰かのために生きるという思いを込めた旗を抱き」と歌い始めるのに胸打たれた。
誰にでも当てはまりそうな歌詞だってのが特徴。
すんなり心に入ってくるメロディーで、良く口ずさんでしまう曲。


9位 ダンデライオン (Jupiter収録)

藤くんならではの物語性が強く出た曲。
ひとりぼっちのライオンが出会ったたんぽぽ(Dandelion)の一方通行な友情の歌。
かなり切ない物語だけど、ハイテンポなリズムに収まってるので爽快感がある。
まるで絵本を読んでるかのような感じ。
他のバンドやアーティストが持ってない曲がダンデライオンだと思う。


8位 HAPPY (COSMONAUT収録)

BUMPの中じゃ新しめな曲。
珍しく最初っからHAPPYな曲で哀愁とかなし。
誕生日おめでとうって曲なんだけど、自分的には背中を押してくれる曲の一つ。

クラシックバレエを辞めるか迷った時期に聴いていた曲。
「終わらせる勇気があるなら 続きを選ぶ恐怖にも勝てる」
この歌詞で私も迷いを捨てられました。


7位 ゼロ (シングルで出てるけど、次もアルバムに入るはず!)

初めて聴いたときに震えた曲。
弾き語りで初めて、前半を歌い抜き、
2番に入り始めたときにギター・ベース・ドラムと加わる構成。
いやー、ファイナルファンタジー零式の主題歌なんだけど、ドンピシャな曲だよ。
藤くんにしか歌えない曲。


6位 R.I.P. (COSMONAUT収録)

初めて死を意識した曲。
うちのわんこが亡くなったとき聴いてました。
“Rest in Peace”安らかに眠れ。海外では墓標によく刻まれてます。
隣にいないことが怖い、当たり前は怖い。
懐古的な要素が強くて、フラッシュバックをしそうな曲。
逆に今を大切にしなきゃいけないんだな~と思い直した。


5位 K (THE LIVING DEAD収録)

BUMPといえば天体観測並みに知られているこの曲。
聴いた誰もが涙しちゃうんじゃないかってゆう内容の曲。
黒猫ちゃんが飼い主のために名犬ラッシーが如く飼い主の恋人の元へ走り抜くお話。
これまた悲しい曲だけれども、テンポの速い曲なので爽快感有り。
映画化して欲しいです。してくれ。
BUMPだからこそ成せる曲であるのが、このK。

まだ生で聴いたこと無いので是非聴きたい。
カラオケでは低すぎて全く歌えないのが悲しい曲。笑


4位 オンリーロンリーグローリー (ユグドラシル収録)

BUMPで一番はじめに聴いたと思われる曲。
なんかあまりの清々しさに驚いた曲だった。
風も吹いてないのに、曲を聴くだけで風が吹いているように感じる。(これが厨二病w)
勇気欲しいときや何かを始める第一歩を踏む前に聴く曲。
バレエの舞台立つ前も聴いていた。
私が思う、一番BUMPらしい曲。
「弱者の一撃」(=BUMP OF CHICKEN)を表しているんじゃないかな。


3位 Ever lasting lie (THE LIVING DEAD収録)

8分以上の珍しい曲。大作。
愛すべき最後も嘘がテーマ。
私はかなり泣けた。もう泣いた。笑
下手なファンタジーの小説読むんなら、この曲聴いて欲しい。
そのくらい深い歌詞。
こんな夫婦愛を育みたいと切に思う。


2位 スノースマイル (ユグドラシル収録)

こちらも泣ける曲。
冬と言えばこの曲だし、雪が降ったらこの曲を口ずさみたい。
フィンランドでの思い出の曲で、
一面真っ白の道を友人3人と足跡つけて歩いた、懐かしい。
「まだ綺麗なままの雪の絨毯に 二人で刻む足跡の平行線」

あーまたフィンランド行きたい。
妖精のようなフィンランド人と恋したい。←違


1位 ロストマン (ユグドラシル収録)

藤くんがかなり悩み続けて生み出した曲。
そして、いまだ私の心に響き続けてる曲。
人生を表している内容で、語りかけるような口調が特徴。
その語りかけがリスナーにも語りかけるようなので、好き。

「君を忘れたこの世界を 愛せたときは会いに行くよ」
この歌詞のときの藤くんを見て欲しい。
あんなひょろひょろした彼だけど、PVでのこの瞬間はかっこよすぎて鼻血ブーもの。

鼻血ブー。

かっこよすぎ。




とまぁ、こんなもんです。
長ったらしかったですね。。。。

まだまだ選べないくらいいい曲たくさんあるんですけど・・


気になったら、TSUTAYA行ってねww

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する