五輪の開催地が東京だってさ。


あっとゆう間に休みが明けてしまいました。

土日のお家が恋しい。
でも、次は三連休だから、この一週間をがんばることが出来そうだ。
(いや、中だるみが否めない)


今回の内容はだらだらとぐちぐち書いているので閲覧注意です。






ここ1週間は日本が世界を驚かせてる気がする。

一つは宮崎駿監督の長編作品引退。
これは世界各国から見事に記者さんが押し寄せてて
とっても偉大なアニメ監督だったんだなって。

金獅子賞は残念でしたけども
どうか監督の自由な目で他のことにも挑戦してもらいたいし
きっと物作りは辞めない人だと思うから
また、「あっ」と世界の人を驚かして欲しいですね(^o^)


そしても一つは、、、東京オリンピック開催決定。

まぁ、びっくりしなかったけど。
なんか、決まると思っていた。

だって、トルコはシリア情勢が不透明な中での国際ホストにはなれないし
マドリードだって若者の失業率50%以上だなんて国の基盤が整っていない。

安全・インフラ・国民の生活水準・安定性など考えると、日本しかない。


でもでも、負けず劣らずな日本。

とある場所のど真ん中で仕事しているので、デモがいまだワイワイやっているし
座り込みもそのまま居座っている。
(しかし、大概頭おかしい人ばかり。
だって、働いてる時間に延々とデモって、お前らの仕事は?といつも思う。働けよ。)


みんな、震災復興がいまだ進んでいないのも分かっているしね。


IOC委員の前での最終プレゼンで、首相が行った内容にあまり納得は行かないけど
その他のプレゼンの方々の一所懸命さを見ていると

「決まってよかったね」と心ほっこりした。

滝川クリステルさんも太田選手も招致活動に尽きっきりで、すごい精神力だと思う。
むしろこの二人にしか賛辞を送っていないのかも、私。笑



私たち一般人は漠然と7年後に未来が見える。
ただ、「きっと生きているだろう」と。

だけど、選手しかも現在の選手は7年後に自身が東京オリンピックで輝けることはほぼ難しい。
そんな選手たちが誠心誠意未来の子どもそして日本の為に動いているというは凄いと感じる。

現役選手に開催国決定のコメントを求めに行ってるけど・・
なんか酷いと感じるわけ。

だって、結構な割合で出ることが出来ないと思わないかね?記者さんたち。

「7年後目指してがんばります」
って言える種目なら良いけど。

サッカー日本代表に聞くのは少しおかしいでしょ。
だって、基本アンダーじゃないと・・オーバーエイジだって枠が狭い。

そりゃ、ツンで有名な女子に大人気・内田篤人選手もツンツンでしょうよ。
「出た、聞かれると思った。いやいや無理でしょ。
この中でいるのかね?オーバーエイジででられるやつ。」


記者も浮かれすぎだよね。
ロンドンも出てない選手に聞くなんて。

一般人じゃないんだから選手生命も考えて欲しい。


人間には長く続けられるものと
期限を要するものの二つがあるんだから。

でも、期限あるものは味わってみなきゃ、なかなかその切なさには気がつけないのかも。

わたしは15年で自分のバレエ人生に幕を下ろしたから、
何となくでも期限ってのが理解できる。

最後のソリストを演じたときに
「あぁ、この舞台が私の最後の舞台だ。」

そう思って、辞めたから。
怪我でもないし、精神的なモノでもないけど、自然と限度ってモノはある。
夢だけじゃどうにもならないことだってある。




「君の10年はどんなだい?」
そんな言葉を『風立ちぬ』で描いた宮崎駿監督は自分の監督人生に終わりを告げた。
いままできっとその10年後をすでに見つけていたから、描き続けていたんだと思う。


今回のことで
子どもたちは未来のオリンピック選手となるため日々努力を積む目標ができたと思う。
昨日辞めそうだった習い事も、きっと今日には元気よく通ってるのかも。

現役選手の人たちは、自分と向き合う覚悟が出来て道筋を立て直している。
選手としてのオリンピックではなく、コーチ・監督としての日本代表に。
自分の子どもの専属コーチに。
未来の子どもたちに自分の夢を託すチャンスを探っているかも。

お堅い政治家も公務員もしかり。
切りのいい目標が出来たんだから、そこまで信頼を落とさないようしっかりと
現在を見なきゃいけない。
汚染水も原発も少しでも動くきっかけになると信じている。


少しでも明るい未来が見えなきゃ、人間動こうとしないし
暖かい場所にうずくまったままになってしまう。



ここまで何かを偉そうに書いてきてるけど、全部自分に言い聞かせるため。

来年も見えない、
なんだかわかんない、
漠然と不安。

まぁ生まれてこのかた、不安でなかった時期なんて無かったんでけど。笑
バブルはじけて、リーマンショックで・・・なんか経済危機多い時代。
そんなタイミングに生まれてきて、受験だの将来だの就職だのって・・・・・

未来が見えたもんじゃない。
夢も見れないことが多い。

むしろ諦めることの方が多いし、自然と身についた。

だから、私の同年代で将来年金もらえるって絶対的に信用している人なんて一人もいない。
でも、みんなちゃんと納めている。


そんな矛盾抱えたまま、
「オリンピックは7年後です。東京に決まりました。」って、苦しいよ。

それと闘って行くことが、成長であり、大人になっていくって事なのかも。

そんなこと語り合っちゃうなんて、ほんとに悟り世代だわ。笑


でも、実際嬉しいんですけどね。
死ぬまでにオリンピックが自分の地域で行われる事なんて無いと思っていたし
世界トップのパフォーマンスが見れるんだと思うとワクワク。


でも、まだまだ国的にも個人的にも不安は多いですね。
親しい友人のつぶやきもみんな将来の不安ばっかり。
1日たった今は負の連鎖になってます。笑


それでも、私には一つの夢が。


「開会式に出ること」


どんな形でもいいから、開会式に出てみせる。


さて、私のこれからの7年はどんな内容なのかしら。

スポンサーサイト

コメント

こんばんは

私はよくわかった・・時代が人を作る部分も大きいのね
社会に出て1年の若者(まりもんぬさんのことね)が、ここまで現実を冷静に受け止めてしっかりとした考えを持つ世の中なんだね

それが出来ない人間はどんどん振り落とされてしまってどこにもたどり着けずに冷蔵庫の中に入って写真撮っちゃったりするんだね
バレエをやっていた事で、より現実の厳しさを早い段階で知ったっていうのも大きいのかもしれないけど・・

わたしの20代前半を振り返ってみると違いがよくわかるよ
就職難という言葉もなく、なんとなく就職も決まり、なんとなくちやほやされながら腰掛け的に働いていた時代・・

去年まで働いていた病院でも、20代の同僚たちは本当にしっかりしていたよ
ハメを外さない・大きな失敗をしない・・

オリンピック開催ではしゃいじゃって、変なテンションになるのは、もしかしたら40代以降の人間なのかもしれないねー

7年後の開会式の模様を綴ってる未来が来るといいねv-353


2013/09/09 (Mon) 23:17 | うにトラ #- | URL | 編集
うにトラさんへ

こんな自己中な内容のものを見てくださって、ありがとうございます。

確かに、時代が人を作っているようですね。
同学年の友人たちは皆、私みたいな考え方の人間ばかりです。
何処かしら諦めてしまってる・・そんな感じなんです。

冷静なのか、冷ややかなのか。
もう少し経ってみないと分かりませんね~

でも限りある枠の中で、精一杯遊ぶのは得意な世代なのかも!
たまにピザを顔に貼っちゃう人もいますが・・笑
ちょうど世界が広がった時代なので、皆いま海外に飛び出して行ってます。

40代以降の皆さんは夢にあふれている方々ばかりだから
冷静な私たち世代がそれを諫めて
世界に自慢できるオリンピックを成功させたいですねv-33

2013/09/10 (Tue) 10:03 | まりもんぬ★ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する