マーガレット・サッチャー

※ネタバレ含みますので、注意してください。


今年度アカデミー賞の主演女優賞を受賞されたメリル・ストリープが主演。
"鉄の女"マーガレット・サッチャーの人生を描く作品。

映画を見る前、雑誌で批評を見た。
サッチャーが認知症を患い、コンビニで牛乳を買うシーンから始まる。
フラッシュバックのように若い頃から政治世界へ入り、成功し、退任する記憶を遡る。
批評では、サッチャーの栄光が描きたいのか衰退や老後の侘しさを描きたいのか解らなかったという。

その事を頭に入れながら、鑑賞。
メリル・ストリープの演技が圧巻であったのは言うまでもないけど。
夫であるデニス(幻影)に支えられ、しかし翻弄される姿は儚かった。
周りはサッチャーが過去の栄光を引きずり、デニスの幻影を見ている認知症だと思う。
しかし、本人はデニスが幻影である事に気付いていた。

政治家として政治に没頭する一方で、家族を省みなかったサッチャー。
それが心に引っ掛かるトゲであり、彼女の闇の部分。
「幸せだった?教えて、デニス。」
胸にズキンとくるセリフだった。

デニスの幻影と別れることになったサッチャー。
愛しい人との別れは例え幻影でも悲痛なものであった。
サッチャーが作り出した幻影なのか、それともサッチャーにしか見えない幽霊だったのか。

別れた後のすっきりとしたサッチャーはそれまでの過去をさ迷うサッチャーとは180度異なる表情だった。
あぁ、これがアカデミー賞主演女優賞を取った本当の意味か、と感じさせる演技だった。

歴史上の偉人として単調に物語を進めるのではなく、フラッシュバックのように現在と混同させて進める形式は飽きることなく楽しめた。
前に書いた批評家たちは解らなかったのかもしれないが。
老いたサッチャーが牛乳を買うシーンの意味。
最後のシーンでティーカップをサッチャーが洗う意味。
この両シーンは考え深い。

この意味が見て取れないのなら、批評家なんて辞めてしまえ。

時代の先端を生きたサッチャーを見習い、同じ女性として悔いのないよう生きようと思った映画でした。

2012/4/4
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する