弾丸京都日帰りの旅 1

4月になりました。

3月の決算が無事に(?)終ってよかったです。

とりあえず、遅くまで仕事しなきゃいけないことが
ものすごい嫌で。

30日、そう年度末の前日に休むというわがままっぷりを発揮しました。

しかも、京都行くっていう。

なんなら隣の部署の部長まで知ってます。
「ガッツあるね・・・」って、たぶん嫌味でしょう。

別にいいです。

休めて遊べるなら、怖くないです。

自分の部長は、「え~いいなぁ~」って。
いやいや、大阪在住じゃん。そばじゃん。


って、前日にトラブルがあって、22時くらいまで仕事場にいて。笑
まさか、次の日4時半起きだから帰りたいなんて言えないよね!!

DSC_3310.jpg

起きれなかったらどうしよう、頑張ってね。と上長に見送られ。笑

3時間の睡眠を経て
ちゃんと出発しましたよ~~

まだ朝焼け。
マジックタイムが美しい~~

DSC_3309.jpg

そんなことより、最寄り駅の券売機が変わっててさ。

ICカードは通常お札みたいに券売機に入れなきゃいけないじゃん?

なにこれ、パスカードにいれたまま、置ける場所があるのね!!

いやぁ~ビックリ(;゚Д゚)よ!!
記念に撮ってしまったよね。笑


DSC_3312.jpg

6時半東京駅出発。
のぞみでぶーーーーんです。

卵とおにぎりもって、遠足のように新幹線で。

こんな弾丸京都旅は大学を卒業し、就職する2日前の春休み以来。
それもなかなか弾丸な旅でした。笑
あれ、ブログに書いてなかったかな?

書いてない。笑

一緒に行く中高の仲間は、いやぁ雨女でwww
2人で遊ぶと、雨と寒い日になる。

だから今回も高をくくっていた。

それがどっこい!!
18℃だって・・・、笑

富士山もよく見えるで。

DSC_3314.jpg

京都へ到着。
そのまま、駅を降りずに、嵐山へ。

今回の目的は嵐山です!!

もう桜みたいなのが咲いている。
ここで、外人さんめっさ写真撮ってる。私らも撮る。

桜・・・・テンション上がるぅ~~~~

平安時代には、その年楽しむ桜の木を一人一本決め
そのつぼみがほころび、咲き乱れ、舞い散る一生を見守るとのこと。

あぁ、いいなそんな生活。

桜見て、春終えたい。←


DSC_3319.jpg

とりあえず、混む前に竹林見ようね。

でもここ竹林なの??

あれ、ほかの木が混ざっている。
なんて、嵐山で有名な竹林の道がよくわからないww

どうやらここは最近できた散策道らしい。(と思う)

DSC_3317.jpg

竹林見ないで、亀仙人に夢中の私たち。

これさ、どこで買ったんだろうね??
海外で買ってから来たのかな。


DSC_3320.jpg

そんな感じで、地図も見ずに歩いてたら、野宮神社に到着した。笑

日本最古の様式の鳥居。
クヌギの木を剥かないまま立ててるって。
確かに原木な木で面白い。

源氏物語の地って売り言葉にしてるから調べてみたけど

どうやら、斎宮の伊勢へ旅立つ出発地が「野宮」(嵯峨野の地に建てられる宮)らしい。
その跡地が野宮神社になったとされるわけで、まぁ確証はないww

んで、かの有名な源氏物語の主人公である光源氏は、
あの生霊になったで有名の六条御息所を見送りに、ここ嵯峨野の野宮に来たとのこと。

あぁ、物語だけどね。
まぁ、実際似たものか。

源氏物語面白いよね。
漫画でしか読んでないけど、原文も授業で読んでて面白かったもんね。

もう一回本で読み始めようかなぁ~。
京都に行くとそう思う。
あんな面白い物語誰が描いたんだろうね。
いや、紫式部なんだけどさ。ほんとかよ。

竹取物語も不思議だよね。
ほんとに、すきだよ。古文。


DSC_3321.jpg

熱く語っちゃった。
なんか、下の砂利が模様。可愛い。

境内狭い。
森の中にひっそりしてる。

DSC_3327.jpg

苔の庭園が美しい。
ここあんま人見に来てない。
苔フェチ。

いつか苔寺行きたい。

1490865800297.jpg

亀石に触る。
願いまくる。ガチで。

いろいろあるじゃん。いろいろな。

よろしくね、神様。

光源氏みたいな男性は嫌ですけど。

DSC_3328.jpg

苔見て、出ようと思ったら、ものすごい混み方してきた。
私ら以外はみな外国からじゃないのか?、みたいな。

みんなここの神社の意味なんてわからなくないか?
そうおもった。
源氏知ってるのかな。

日本のプレイボーイだよ。
(誤解のある言い方。)
聖書の次位によく読まれる書物に関わるよ。
(竹取が二番かな)

あぁ、もう一回大学行くとしたら、古文かな。


DSC_3329.jpg

だれも見てないけど、野宮神社わきに可愛いミニチュアあるよ。
出て、左だよ。


DSC_3338.jpg

木漏れ日。

木漏れ日は多言語には無い単語らしい。
英訳不可のことば。

sunlight that filters through the leaves of trees. filtered sunlight

長い。文だね。



笹の木漏れ日は特に美しい。

あ、これは思い描く竹林だ。

DSC_3332.jpg

ここだ、よく見る竹林!!

おぉ~嵐山だ~~。


ってことで、場所は天龍寺北門を出て、左行くとここです。

嵐山には1度だけ来たことあったんだけど
ここ来たことなくて。
嬉しい。

DSC_3341.jpg

ふと振り向けば、大混雑。

わぁ~、嵐山の竹下通りじゃんね~。

(上手いこと言いました、竹林だから!!ね!!必死)

とりあえず、混雑する団体の一歩先を行っているみたいで
いい感じです。



さて、この後はお待ちかねの天龍寺です。

スポンサーサイト

コメント

わ~♪始まった!

おにぎりを持って京都に行くって楽しい感覚 新幹線ってすごいね
亀石に亀T 竹林が竹下通り  うんうん うまいうまい(^-^)

木漏れ日もそうだけど、日本語って日の光や波とかの説明だけでも
何通りも言葉があってそういう情緒みたいなものに外人さんは
こんなにも引き寄せられるのかな 
北海道には竹林がないから、私は京都の竹林を見て
竹取物語の世界をやっとイメージ出来たの
ヒグマに遭遇しそうな山だと、竹の根元が光り輝いて・・って言われても
ピンとこないわけ 笑

お友達よりまりもんぬさんの晴れ女パワーが勝った結果なのね♪

2017/04/03 (Mon) 08:20 | うにトラ #- | URL | 編集
うにトラさんへ

新幹線に乗っていれば、博多まで行くんですよ~
そのうち北海道まで繋がれば、飛行機が苦手な人も車窓を見て楽しみながら、旅ができますね~

最近感動したのは、「花筏」って言葉です。
桜が散って、水面に流れる様って。桜の花びらで筏ができるから~って。
う~ん、美しい日本語。
こんなところに外国の方も惹かれるのかな、なら私たちももっと知っていかないと・・・。

北海道には竹林がない!!??
驚きです。そうなんだ・・・・・。
竹って普通の森とは違い、独特な雰囲気ですもんね。
ほえ~~

晴れ女・・ってゆうか、ほんとにタイミングいい女って感じですかね。
欲望のまま生きてますww

2017/04/07 (Fri) 22:43 | まりもんぬ★ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する