色彩感覚が研ぎ澄まされるぅぅぅぅぅ~~


さて、我が六本木では日常的に多種多様な人々が往来してます。

六本木ヒルズもあるし、ミッドタウンもある。
レディガガも来るドン・キホーテもあるし
汚い飲み屋もあるし
外人がたむろすクラブもある。

スヌーピーミュージアムもあるので、ファミリーもくるしね。

さて、そんな方々の中で、水玉模様の袋が目立つようになってきた。

DSC_3241.jpg

草間彌生氏の「わが永遠の魂」
それが新国立美術館で現在開催中!

誰もが知る水玉の女王 その国内規模最大の展示会が今回のもの

彼女の芸術人生が全てわかるような展示になっているのがとっても面白かった。


DSC_3242.jpg

新国美自体初めてだった私
行ったことなかった・・・。笑

草間彌生の作品を見るのも初めて・・・・。
あ、ヴィトンの大きな展示ショーウィンドウは一度わざわざ見に行ったな。

まぁ、金曜平日なのに関係なく人がごった返して・・・。

2009年から力を入れて描いている大判の絵

DSC_3249.jpg

厳選された130点。

泉のようにあふれ出るようにして描いてるんだろう。

何を想って描いているのか・・・

最初のこの広間からはわからない。
難しい。。

DSC_3246.jpg

水玉。このイメージだよね。

家に置いてあったらびっくりするよね。
謎の草。


DSC_3250.jpg

水玉だらけが芸術に見えるのって、ほんと緻密に計算された芸術なんだと思う
あと天性。

DSC_3279.jpg

木に巻かれても草間彌生。
(バカにしてないですよ。笑)

たぶん草間彌生小学5年生の時に描かれた女性像を
実は以前TVで見ていて
女性はおろか紙に余すことなく、ドットが描かれていて
「先生が驚いて、親を呼んだ」とかそんな話聞いた気がして
「この子の目にはそう見えていた、水玉の世界が見えている」って親が言い返した

そんなこと聞いた気がして。

あぁ、この人そうゆう視覚の持ち主なんだって、
山下清みたいに思っていたんだけど

この展示会で、あ、全然違う・・・・本物の生きる芸術家だんだって
まざまざと理解しました。
お恥ずかしいですね。

DSC_3273.jpg

私が語るには稚拙でおこがましいけど
彼女の芸術感性は幼いころから確立されていて
破壊と創造を繰り返しながら
世界の芸術に革命と革新を起こし続けた、天才なのだと思います。

1950年代の網目は素晴らしい、無限を感じ
自己消滅では否定から創造で新しさを見つけ
ソフトスカルプチャーでは、ジェンダーを論じ
最終形態に入る。

無限の鏡の間も言葉には表せないほど美しかった。

そんな革新的な彼女だけど、
身体が優れなかったり、悩んだ時期には絵に表れていて
「あぁ、この人も人間なんだ」って魅せられました。

DSC_3254.jpg

ただの○なのに
参加型芸術なのに、そこは草間彌生の世界観となる。

生き様を見てほしい、全てを見せたいなんてそんな展示会だった。

久々に時間取って美術館に足を運んだけど
本物は違うね、こんなに人を感動させれるんだから。


DSC_3258.jpg

さぁ、今回は2本立てだよ。

待ちに待っていた、ミュシャ展。
無事開催されてよかったです。
孫だか血縁がある人が、スラブ叙事詩の持ち出しを反対して
開催できないとこだったんだもんね。
(東京の後の中国や韓国に持って行くのが嫌だったらしい)

DSC_3260.jpg

なんて大きな作品。

ミュシャが晩年の16年と長い月日を掛け
画家人生を掛けた、全20作の大作 ≪スラブ叙事詩≫

チェコ国外はおろか、2012年まで夏期のみ公開だった。
それは世界初公開とのことで、日本にやってきたの。
なんてすばらしい。

DSC_3267.jpg

20作中、なぜか5作だけ写真も撮れるという大盤振る舞い。

360℃ミュシャの絵に囲まれ、うれしい!!感無量だ。
(このキモチわかる!!??)

にしても、生で見ないとわかんないんだよね
色が全然違うんだよね、写真じゃ出ない。

彌生の水玉見た後だから、かすむかな?って思ったんだけど
相対する色彩美だから全然大丈夫。
むしろ、こっちも色鮮やか(写真には良さが写らない。)

DSC_3268.jpg

もう、すごいよな。

6メートル×8メートルの大判
それが20作品
規模が違う。

≪スラブ叙事詩≫って何かっていうと
古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大なスペクタクルを描いたもの

物語になってるんだよね。

まるで演劇が行われているかの様。
見ているこちらはみな無言で、静かな空間でした。
彌生展とは相反する。

DSC_3265.jpg

20作目最後の作品。

映画のポスターだよね。
スターウォーズ ファントムメナスもこっから来ている気がする。

出せない、こんな色。

元はポスター画家として有名になったからね。
人々にわかりやすいように描くのが得意なんだろうね。

ほぼミュシャの作品を見たって言っても過言ではないんだけどさ
この20作は別格だね。
後はいつかステンドグラスを見に行くだけ。

DSC_3266.jpg

女性の描き方が本当に上手いんだけど
仕事場の人にこれ見せたら、怖いって言われた。おこだよ

なににも感性ゆさぶられないんだろうよ。笑
ディズニーくらいしかわからないんだと思う。

DSC_3276.jpg

あぁ、幸せな空間だったよ。

こんな大きな展示会を二つもできる新国美すごい~~
(まだほかにも展示やっているんだよね)

DSC_3281.jpg

近くのブルーボトルで休憩。

オシャレが集うブルーボトル。
初めて来たけど美味しかったよ。

DSC_3284.jpg

17時ですが、小腹減った~って、
リコッタチーズとイチゴジャムのトースト。
超絶美味しい。
頭使ったから、甘いもの美味しい。

DSC_3285.jpg

帰ると思うじゃん?

塚田行くよね。

美味しい美味しい。
お酒も進む。

良い日だったねぇ~

DSC_3287.jpg

数時間後にはまた六本木。

え~~ん。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する