女は愚痴で生きているのかも。


昨日、ランチはオープンエアのテラスでランチ☆

移動して他部署へ行ってしまったお姉様と久々。

fc2_2015-05-27_17-06-50-329.jpg

ランチセットのショートパスタが「ラザニア」でした♡

いや、本当に美味しかった~!

この季節、もう暑いですが日陰は心地よい。
居座りやすい。

愚痴が捗る。笑


いや、まぁ・・・・愚痴っていうか。

セクハラ気持ち悪いとかそんなもんなんですけどね(^0^;)

そんでもって、最近不倫みたいな現場をよく見るもんで・・・。

食事中、真後ろからもの凄いシャッター音の嵐!!
何かと思ったら、良い感じのおじさんが若い女の子を写メしているではないか。
よくある「ランチに来てます♡」ってアップする感じの写真。
手ぶれが酷いのか・・・30回くらいシャッター音聞こえたぞ。

いくら上司だからって、二人でランチは少し変だもんね・・・。
そして、直感的に「むむっ、こいつらなんかあるぞ?」ってわかるんですもの。

金持っているおっさんだったのかな??


fc2_2015-05-27_17-06-43-016.jpg

最近はまってやっているムーミンの箱庭ゲームアプリ。

スナフキンが一人舞台をする中、ママがもの凄く凝視ししているのを
たまたま激写ww

でも、こんな顔で写メ撮りおっさんを見ていたわ、私。



さて、ここからは愚痴というか・・・・

私の悩み(それが愚痴w)が炸裂してます。笑


高校より現在まで仲良しこよしな私たちのグループがあります。

なんだかんだ社会人になっても会って、話して。
気を使わない素敵な仲間達です。

その一人が、社会の荒波に揉まれ、苦しかった時期をどうにか乗り越え
転職し、少し自由な立場で、なんとか毎日を頑張ってました。

仲間達の中でも、苦しかった時期は私しか顔を合わすことが出来ず
ようやく、気持ちの波も落ち着いたところでした。

彼女の気持ちの波が収まったことを快く思います。

私と2人だけで買い物してたとき、謎の本を薦められました。
サブカル話も得意な彼女。
持っている本は貸し借りをする仲です。

「どーしてもその本を読んで欲しい。」
「きっとまりもんぬの為になるから。」

そう、ギラギラした目で話してました。
ネットで調べると、自己啓発本の類いになるその本。
個人的な見解ですが、私は自己啓発本を読む気にはなれません。
自分自身確固たる思いを持っているので、操作されるのはあまり心地よく思えないから。

もちろん、私に合った啓発本が今後見つかるかも知れない。
でも、今はいらない。
多様に増える自己啓発本に左右されるのは御免です。
それならば、歴史の本を読み、そこから信念を読み解き、思いを継いだ方がいい。


そんな異様に見える彼女を、だからといって無下にはできないし
「わかった、でも私は今読んでられないかも~」とだけ。

そんなあと、大阪の旅に出て
旅行を共にした友人と「彼女の話題」になりました。

本を薦められた以外にも、私の心に燻る思いを打ち明け
友人もまた、思っていた事を話し、共有しました。

「やはり、彼女は生きずらそうにしてるよね。」

もう10年。
共に歩んできた友人だからこその理解。

どうすることも出来ない私たちだけど、なんか変なのはわかる。

その後、その友人が彼女へコンタクトを取りました。
残念ながら、また「その本」を買って読むよう勧めたんです。

社会福祉士のその友人は、彼女をなんとか理解したい一心で
その本を読みました。

「社会の歯車に挟まった不幸者」と「趣味を仕事にする幸福者」
あなたはどちらになりたいか。
それになるためには。
そんな内容。

当然、今大半の人は生活するため夢とは違う仕事をしてたりします。
だからといって、それが不幸なのか。
不幸か幸福かは職業で決めるものではないし
金銭の差で区別できるものでもないはず。

結局、友人は読み終えてもなおこの本に賛同することないと言ってます。

しかし、この本について語り合いたいという彼女。
机上の空論じゃないの。
根本の解決にならないのに。

そうして、再度私にはその本を薦めるメッセが来たり
謎のセミナーに出ない?というメッセが来たり。

フェイスブックでは年齢の幅がある男女と友達申請をしていて
【知り合い】が増えていっているようです。

バスケをしたり、カフェで本を読んだり、語り合ったり。
一見社会人サークルに参加しているようですが・・・・・・
その根底には【その本の理解者】であることが見えてます。


その他の友人も交え、いつもながらの夕食会をしました。
その時はいたって普通。(まぁまぁ)

その後、各友人一人一人に向け、同様のセミナーの勧誘をしていました。

少し変だと、10年来の友人ですから気がつきますよね。
みんな、私にとりあえずどうしたら良いかな?と連絡が集まりました。

勿論、自己啓発セミナーが悪いわけでは無い。
己の判断に従えばいいよ、と助言しました。

結果・・・みんな断りますよね。

ピースを集めていくと、軽いカルト的な要素が垣間見える。
その人の名前をググると、グレーゾーンな事が出てくる。


宗教だろうが、なんだろうが、本人が救われたのなら、私たちも嬉しいです。

でも、みなをターゲットに据えてくるのは話が異なりますよね。
彼女がどうゆう気持ちなのか、いまだわかりません。

来月に彼女を抜いたグループで、話し合いをするつもり。


支離滅裂だし、長いね。
でも、ここ2ヶ月このことでモヤモヤしてます。

様子は見てますが、目に余ることがね。
私ともう一人の友人くらいならまだ目をつぶれますけどね。

「彼女、生きづらそうにしてる」

そう語った友人は、これ以上何かあるなら考えなきゃと言ってます。
ほんわかした私たちのグループ。
つかず離れず、それでも思いやっているのがここ10年の絆です。

残念ながら、社会に揉まれたとき私たちの手で救ってやることは出来なかった。
それは、自分で立ち上がれなきゃ強く復活出来ないとみんな知っていたから。

己の力で立ち上がってくるのを待っていたはずだったのですが・・・。
助けて欲しいときはいつでも待っていたのに。

箱入り娘で、人一倍優しく生きてきた彼女は
私たちに手を伸ばす前に、違う者に救われてしまったようです。

「なんでもう少し相談してくれなかったんだろうね。
近しいからこそ言いにくい存在になってしまったのかな。」


そう思ってしまうことが悔しいです。

新しいものに思いを寄せ、そこに熱中してしまう。
新しい世界に見えたのでしょうか。
新鮮だったんでしょうか。

でも、人生の再スタートを切るとき
一番大切なのって「今まで生きてきた自分」じゃないのかな。

親や友人、親しかった人々。
その者に頼ることが一番救われた道なのに。
自己否定ではなく、自己肯定が一番の近道だったのに。

自己啓発本だって、新しい価値観を言っているようで
実際は過去の反面教師だったりする。
それなら、歴史書を読み、自分の解釈で自己肯定した方が強くなる。

ホントにヤバイ宗教や集団に捕まらなくて良かったとは思ってます。

私もそうだし、友人もそう。
いつなにが起こるかはわからないもの。

モヤモヤは止まりませんが
言葉に出来たことで整理ついたかな。

スポンサーサイト

コメント

心が弱った時に静かに隙間に忍び寄ってくるものが心地よい肯定しかない世界だったら・・人はそうして同じような場所へ導かれがちだよね

きっと今のお友達にとっては、嫌なことから開放してくれた世界はかけがえがなくて、一緒に大人になった大事な仲間が自分と同じ辛い目に合わないためにもいち早くこれを教えてあげたいという、純粋さゆえの行動なのでしょう

一歩離れて眺めただけで見えてくる違和感が見えない それが見えてないお友達の姿を見るのは辛いねぇ
まりもんぬさんのここんとこの体調不良だって、今抱えてる漠然としたモヤモヤが原因じゃない?

私の世代にも、似たような話があちこちにあったよ オウム全盛だったしね
あまりにしつこく勧誘するから社会勉強のためにあえて参加した強者もいた
その子は「うまい話にゃ裏がある」という育ち方をしてたから、何も感じずに帰ってきたけど・・

ちょっと見全然普通に見えたとしても、やっぱり今は外部が何を言ったところで染み込んでいかない普通じゃない気がするな
それこそ、親が早く気づいてかなり真剣に取り組むくらいしか・・ある意味洗脳だから一筋縄ではいかないと思う

つきものが落ちたようにふっと「あれ?何かここ・・変じゃない?」って思ってくれるといいね

嫌なこともいい事もまぜこぜになってその中でぐちゃぐちゃしながら1個乗り越えるたびに強くなっては笑うの繰り返しなのだということを・・そして、ちゃんと苦言を呈してくれる存在のありがたさに本人が気づくのをじっと待つのは大変かもしれないけど、変わらず私たちはいるんだよっていうアピールは、いつかきっと届くよ

2015/05/28 (Thu) 10:45 | うにトラ #- | URL | 編集
はじめまして

ブログ村よりきました^^
そして、内容が私は仲良しではなく、知人で似た状況の人が居るので思わずコメントしてしまいました。

どんなに仲良くても仕事やそれで出会ってくる人たちによって価値観は変わっていくものですが、苦しい状況からってのが心配ですよね。

全くそんなことなく考え方、価値観が変わって行ったのなら仕方ないと思いますが…なんかそうではない気がしてしまって私もその知人を心配してるとこです。

自己啓発、ビジネスを充実しようという集団は何サークルかあるようですが、やはりどれも宗教っぽいような感じがするのは私の偏見かなって思って大きな声では言えませんが…(もう既に言ってますね)同じ価値観の仲間同士頑張って同じ道を目指すのも悪くはない気がするんですが…

同じ励まし合いの誰も前に進めてないんですよね。
一時のよりどころな感じがします。
私は知人やまりもんぬ★さんのお友達のような悩みにぶつかったことはないので、うまく相手に『その世界が全てではないよ。自分の人生だからもっと視野広げて自分なりの幸せを見つけて行こう』と提案しきれずにいます((苦笑

色々モヤモヤして未だにうまくまとめれませんが、まりもんぬ★さんのお友達さんの今後も気になります…。

2015/05/28 (Thu) 15:18 | 葉月 #JnoDGgPo | URL | 編集
うにトラさんへ

きっとうにトラさんの言うとおり、私たちの事を考えてくれての誘いなのかも。
「純粋」この言葉が非常によく似合う子なんです。
ずっと褒め言葉として使っていたけど、彼女の場合は純粋だからこそ何にもないんですよね。

頭も良く、習い事もせず、良い場所に就職した彼女。
いたって順風満帆な生活をしてました。
私たちはずっとそれを羨ましく思ってたんですが・・・・挫折を味わったこと無かったんですよね。

初めて挫折を味わったのがこのつい最近。
大人になって挫折したため、変なものに洗脳されてしまったのかな。

やはり親の助けが一番だと私も思います。
でも、こうなってしまう人ってだいたい親と仲悪かったりするんですよね。
彼女も然り。
きっと親には話してないはず。

否定されることが嫌みたいなので、暖かく見守ります。
憑き物が落ちないと、きっと私たちの声も聞こえてないと思いますから。

体痛いのってそれなのかなぁ・・・笑
北海道の大自然に癒やされたいです~(゜´Д`゜)

2015/05/28 (Thu) 17:55 | まりもんぬ★ #- | URL | 編集
葉月さんへ

初めまして、コメントありがとうございます。

やはり、皆身近にある話なんですね。
葉月さんのコメ、かなり共感できます。
「語り合う」って一見は高尚そうに見えますけど、実際前には進んでないんですよね。
褒め合いや励まし合いは時に大事ですが、生暖かいままでは人生うまくいきませんもん。

その知人の方も何か悩みがあってのことだと思います。
漠然とした不安や自信が無いだけなのかも。
『一人じゃないよ』と言っても、たぶん頭の中に締めているのはそのサークルで得た事ののみなんでしょうね。
今はそっとしておくのが一番なのか・・・
それとも、浅い内に止めるべきなのか・・・

お互いモヤモヤしてしまいますね。
でもそれで自分が苦しんでしまっては元も子もないので、
私は「助けを求められたらすぐ出動」を念頭にしばし見守ろうと思います^^

2015/05/28 (Thu) 18:06 | まりもんぬ★ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する