北欧フィンランドでオーロラ☆ 2



実は昨日の記事とこの記事は書きためておいたものです。
現在は年度末ですんで、送別会ラッシュ☆
休みがねぇw

でも土日に書いていたのを小分けにアップ!

では引き続き・・・・フィンランドをお送りします。


仲良しグループの中の2名。
彼女たちは同じ北欧小物好き。
1人は帰国子女、もう1人は海外旅行初体験。

そんな記念すべき卒業旅行に運良く入れることになった私。
HISのそのツアーがたまたま空いてた、だから滑り込めたんです^^

成田スカイライナー内で電話し、母に立て替えてもらい、支払い。
おかげで思い出に残る卒業旅行ができましたもの。
友人に感謝です。


ムーミンの出迎えで、フィンエアーに乗り込みます。

2_20150323171902b61.jpg

日本発だから美味しい。
フィンエアーは良い評価なんですが、こりゃ美味しい!

このとき初めて空での食事が美味しいと知りました~

ただ、改めてみると何のご飯??笑

3_20150323171903c0e.jpg

2度目のご飯。
ペンネですね。これも美味しかったの。
絶賛ですよ。

ブラックスワンなどの映画も楽しみ
帰国子女の友人とフィンランドのお勉強会が始まりました。

一度行くと決めたら、全力で物知りになるタイプのあたし。
フィンランド語や行きたい教会やお店を相談し合うのがやっぱ必要でしょ?

まぁこのあとやはりいろいろあったのですが・・・笑
このお勉強会から「旅行に対するモチベーションの違い」が出てくるんです。
だから旅行って難しいですね。


4_2015032317190586d.jpg

日本から一番近いヨーロッパの空港・・・
ヘルシンキ・ヴァンター国際空港☆

北欧でデザインな美しい空港です!

日本人に対してとても大らかな国ですね。
シャイなフィンランド人ですから、ぐいぐい来ることはありません。

ヘルシンキにせっかく着いたものの、トランジットです(*´∀`*)

日本人でかつICチップ入りパスポートの方は自動化ゲートより入れます。
お手軽です☆
怖い人がいる出国審査を通ることも無いんですね~。
日本人役得です!

小型の国内線に乗り、
ヘルシンキからキッティラ空港へ向かいます。
1時間の旅ですね!

まさかのツアー客バラバラでの座席。
初海外の友人が心配。。
この飛行機がくせ者で、まるで電車みたいな・・・。
キッティラ空港より先の目的地があるんです(゜´Д`゜)

隣のフィンマダムが優しくて、私は救われましたが
友人は捨てられた子犬みたいに座ってました。
呼びに行かなきゃ、次の空港へ行っていたww

5_20150323171909b7c.jpg

もうすでに暗い。

北欧色ですね。

現地の方お墨付きの「オーロラ日和」だったのがこの夕暮れ!!


6_20150324164451623.jpg

北極線を越え、ラップランドにある
スキーリゾート地である、レヴィに到着。

スキーのためではなく、もちろんオーロラのための滞在です☆

ホテルはロッジ感満載の「ホテル トゥントゥリ」。
名前がすでに妖精語みたい・・。


深夜みたいな夜ですが、まだ夕飯時。

お部屋で一段落したら、飯探しに町へ出かけます☆

7_20150324164452eaf.jpg

レヴィは小さな町。
治安も穏やかなので、夜歩いていても大丈夫。

大好きなマーケットへ向かいます^^

ここには大変お世話になりました~

8_20150324164454fc3.jpg

3人での旅行のため、ファミリー用のお部屋に通されました。
だから、簡易キッチンもあるんですね~。

外食も良いけど、
是非現地のレトルトも食べたいとのことで、この謎メニューww

フィンランド語ちんぷんかんぷんで、謎ww

でも、もの凄く美味い。

そして、もの凄く女子力の無い食事風景(T_T)

この後、とりあえず寝ちゃいます。

小休憩・・・・。


23時頃かな?
オーロラ観賞のため防寒し、ホテル出発。

ここではみんなで見に行くんではないのです。

それぞれ好きな場所へ見に行くんです。
それだけレヴィでは何処でも見れますから。

とりあえず歩きだし
森の中へ歩いてきます。
よく考えると危険なんだけどwwなんか大丈夫。笑

おすすめポイントとして教わっていた湖を目指します。

月明かりに照らされ、街灯も少ない静かな道をさくさく歩きます。

開けた場所には、空を見上げる人々。

1時間くらいかな?
雲のない満天の星空と美しい月を見ていたら、
突如モヤが!!

同じツアー客だった年配の親子が
「若干オーロラ出てきた!」と騒ぎ始めました。

まじ、モヤ。。
なんだよ、あれがオーロラ?
人生が変わるってよう言うけど、嘘?

そんな会話しているうちに、寒さが吹き飛ぶほどのオーロラが!

9_20150324164455557.jpg

カメラは壊れるので持って行きませんでした。
だから写すことはかないません。

土産物店で売っていたオーロラの写真。
こんな雰囲気のオーロラでした。

180度に開けた空。
見上げる私たちの真上を大きく横切るオーロラ。

ジャンプしてはしゃぎましたね!
「踊ってる!!オーロラがダンスしてる!!」

風で動くカーテンよりも細かく、ひらひらと動くオーロラ。
見事でした。

ただ、ネタ晴らしとして・・・
緑に見える訳ではないんですね~。

こんなにくっきり緑に見えるのは、ファインダーを通すから。
実際は驚くほど緑ではありません。

肉眼でも、真緑や赤に見えるってのは
もの凄く太陽爆発したときのやつ・・・あれれ、説明難しい。
「オーロラ 肉眼 緑」とかで調べてね。笑

薄い雲がまるで踊るようなオーロラ。これが大半の中・・・・
この日見たオーロラは確かに緑色で、踊っていました。
レベル3くらいだったのかな?


オーロラ目的のお話ですと、1日目にして目標達成です。
本物の素晴らしいオーロラが見れました。

先ほど書いた同じツアーの親子さん。
5回目のオーロラツアーだそうです。
それでやっと、やっと初めて大きな素晴らしいオーロラを見たとはしゃいでました。


ここで、注意。

テレビ特集で見るオーロラは肉眼のオーロラではありません。
カメラ機材を通しているから、あの緑に光っているんです。

夢を壊すようだけど、コレが現実。
自然とは自分自身で肉眼で見て、初めてそれを体験できる。
運もあるけれど。

「人生が変わった」と謳い文句で、あの緑を想像してしまっては到底感動出来ません。

月と星の方が感動はします。

正直、私の人生観はオーロラでは変わりませんでした。
変わらなかったけど、行かなかったら一生体験できない事をしてきたという達成感はあります。

同じツアー客でも、時差や面倒だという甘え(?)から
絶好のオーロラを逃し、見ないで帰国された方がいました。

ここぞという時に、絶好を逃さないその運を試せたこと。
そして、10年共に戦いながら生きてきた友人と自然の神秘を見届けられたこと。

この2つに意義があったかなと思います。



※オーロラは光りません☆


よく学んでから、見に行くべきやってん。笑

スポンサーサイト

コメント

フィンランド〜♡♡♡憧れの場所♫いつかいってみたいけど、多分行くことは叶わないかな〜ヽ(;▽;)ノムーミンに会いたい♡

2015/03/25 (Wed) 10:51 | soychoco #- | URL | 編集
soychoco さんへ

そんなことないですよ!
他のヨーロッパに比べ、行きやすい良い国だと思います。
しかも日本人に合う☆

私ももう一度行きたいので、今度は夏の避暑として行ってみたい(ノД`)

2015/03/25 (Wed) 13:17 | まりもんぬ★ #- | URL | 編集
おぉ~

空港のカラーからして北欧だね
IKEAを浮かべちゃう(こっちにないけど)

オーロラって、カメラを壊しちゃうの?そんな事すら知らなかった!
なるほどねー 緑色ではないにしても、まりもんぬさんが描写してるようなダンスを実際目にしたらやっぱり不思議な感覚になりそうね

確かに、何を見るにしてもその人の感性は様々 誰もが感動するってものでもないよね
私がどれほどグランドキャニオンに感激したかはブログに書いた通りだけど、元同僚に旅好きがいて、話をしてたら行ったことある人だったのね
だけど、彼女にとってのあの場所は「ただの崖」 それを聞いた時に、そうかー そうだよなー と思ったのでした
別にそれはそれで人それぞれだから良いんだけど、例えば一緒に行った人間の中でそういう相違があると、けっこうキツイよね(^-^)

2015/03/26 (Thu) 16:43 | うにトラ #- | URL | 編集
うにトラさんへ

あ~IKEAの色!笑
なんかすんなり入ってくると思ったら、それでですね。

カメラは精密機械だからこそ寒さに弱いらしいんです。
オーロラの影響もあるかもですが、レンズ内の空気が凍りそれが水滴になるなど色々あるみたいですよ~。
このとき買ったばかりだったので壊したくなくて!

見る人によって変わるってのは最近特に思います。
やはりシンガポールの時の相違は半端なかったので大変でしたね。
感動ポイントが必ずしも一緒でなかったとしても、その場所を十分に楽しむ能力を持っている人・・・そんな人との旅行がとても楽しいですね^^

そっか・・・グランドキャニオンもただの崖っちゃ崖ですもんね~。
自分と真反対の感性の方だと、「逆に何が好きなのか、興奮するのか」って気になりますね~

2015/03/26 (Thu) 18:06 | まりもんぬ★ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する