パラオ共和国に行ってみた。6

会社でもっぱら進撃の巨人の会話しかしてません。

今日は敬礼があまりにも面白いので6回くらいしてしまいましたね。

もう少し練習したら兵団に入れるかもしれん。


スチームパンクな世界観が好きな私なので
どこか中世ヨーロッパな時代が好き。

ポルノの曲に「カルマの坂」っていう名曲があるんですが
似たものを感じますね。

無情・混沌・格差を感じる世界観。
そんなギタリストの晴一の世界観が色濃く出てる曲です。

ファン辞めてから、いつの間にか本を出してたみたいなので
今度読んでみよう。そうしよう。

旅行記始めるよ☆テヘペロ


さて、猪木アイランドでボンバーなお昼を過ごしたあと

魅惑のクラゲの世界へ向かいます。

その名もジェリーフィッシュレイク☆

15.jpg

太平洋の小さな島の中の何処にあるんだよ?

ひとまず、山登り開始です。笑
写真左上に昇ってく階段が急なのがわかりますかね?

世界遺産『ロックアイランド』の200~300の島の一つに存在するこの塩湖。

地殻変動で島の真ん中に湖があるんです。
そして、取り残されたクラゲども。

いるのはゴールデンジェリーフィッシュというタコクラゲの1種です。
うようよってる。
唯一クラゲと泳げる場所はここのみ。

クラゲと泳ぐために来たんだ、僕らは。
猪木アイランドでボンバーしてる場合では無い・・・。


16.jpg

うようよ うようよ

手前にいるのも両手で掬わないと持ち上げられない大きさ。
そして、指に乗っかるくらいのチビちゃんもいる。

小雨降ってきたけど、他の国のうるさい観光客もいなくなり
また再び私たちだけの世界。

足ヒレは禁止。
私たちもクラゲのように浮いているだけ。
可愛い。


17.jpg

カルロス、潜る。

写真を撮るために頑張ってくれてますが、
逆光過ぎて・・・www
私が撮ったカルロスの方が綺麗に撮れている!!

底が見えない湖。
タイミング悪いとクラゲが底に潜ったまま、まばらにしか見えないときもある。
だから、こんな曇りの空の下でもたくさんのクラゲが光合成のために浮いててくれて私たちはとっても助かりました。

だって、ロックアイランドに入るための許可証は$100だからww


残念ながら、この後に予定していた外洋はキャンセル。
ジャーマンチャネルの美しい外洋は見れませんでした。
帰りの船はもの凄い揺れと雨。
友人二人は船酔いで撃沈。
私は次のためにグースカピーと昼寝です♡


さて・・・・ツアー会社に我が儘をきいてもらい
自分たちのホテルではない、他のホテルで下ろしてもらいました。

18.jpg

なぜか晴れてきたので、リゾート気分で夕飯です。
パラオプランテーションホテルは街から少し離れた場所にあるリゾート。
ホントはここのコテージみたいなのに泊まりたかった。

その欲を晴らすため、つかの間の滞在。

19.jpg

まさかの多すぎて食えないww
私はシーフードマリナーラを頼んだのだが、
なぜかタロ芋のパン付き。

ネットも使えないホテルなので
もう寝るしかない。

そしてこの後の予定を入れた自分たちを恨みまくる。笑

このご飯の前に、さっぱり綺麗になっている私たち。
なぜ海上がりで綺麗なのか・・・。

それは泊まってもいないホテルでお風呂を借りたから☆

図々しいにも程があるが、
外にプールあるホテルだし、なんか借りれる気がした。
そして、ツアーがこのホテルの専属なので、イケル気がした。

言ってみたら、あらまびっくり☆
バスタオルも貸してくれたし、海が見えるジャグジーを案内してくれたw
なんて優しいんだ。
私たちが濡れた子犬のように見えたのでしょう。
人間言ってみるモンですね。

お礼にそこで出しているショップのサマードレスをおそろいで購入しました♡

このジャグジーが行けなかったのか、、
まじ眠たいシンドイ。

そんなヘロヘロなのになにすんの?


20_201503041627491da.jpg

ナイトシーカヤック☆☆

御覧の通り、ビビるくらいの真っ暗闇w
それなのにカヤックで太平洋へ漕ぎでるってんだから
一見頭おかしそうに見える。

朝の8時頃から海にいて、夜にはまた海に・・・
しかも自力で漕ぎ出るってんだから、わたしらおかしいw

でもカヤック好きが私含め2名。
前と後ろの懐中電灯のみで、マングローブのトンネルを抜けていきます。

予定立ててたときは楽しかったんだけどね~。
夜の海ってこんなに怖い物??
凄い怖いww

因みに、あんなに荒れていた天候は良好。
雲間には見たことのない星の数々が煌めいてました。

あっ!!流れ星発見!!

なんて、大海原に出たらもう怖くない。
第二次世界大戦の時に沈んだ船を見に行ったりします。

そして、シュノーケリング再びwww
本日4回目か?笑

夜の海・・・明かりを消した方が明るいのです。

夜光虫。プランクトン。
これらによって、夜の海はライトがなくても光り輝くんです。

イメージがわかない人は→こちら

行きのカヤックでは懐中電灯見ているのが必死。
だから夜光虫のブルーなんて見えてないんです。
でも、シュノーケルして、暗闇に目が慣れたら、そこは天国。

沖縄でも夜光虫みたけど、この数は凄い!!
水を空中に投げたら、まるでティンカーベルの魔法の粉。
手で掬って、水を垂らせば、ブルーの手の形が浮き上がる。
髪の毛に垂らせば、まるで妖精。

帰りのカヤックでは、自分が通った後が青色のシュプールを描く。

リンク先の青い海は合成じゃないんですよ~。
本当に光るんです。

行きは見えなくて、帰りは見えた。
人間の目はどれだけ不器用にできてるのか。
もう少し視野を広げなければいけないね・・・と語った海の中でした。

そんな友人1名は可哀想に、海で足をつる(´・ω・`)
ずっと海に浮いていたため、陸に上がれないw
ガチアリエル。歩けないのですw

一緒にいたもう一人はテニス部部長☆
足つったのなんて、瞬時に治せます。笑

そんなこんなでやっとホテルです。
初めて陸より長く海の上にいた日でした。

帰ってからまた面白話がww
これは次の記事に回しましょう。(*´∀`*)


~♪

さ~て、次のまりもんぬさんの記事は~

「別のサル顔がナンパ?」

「ガイドはオネェ?!」

「まりもんぬ、滝に打たれる」

の三本で~す!

次回もまた見てくださいね~。

じゃんけんぽん! うふふふ~


スポンサーサイト

コメント

やだー

またサル顔登場するの?
パラオのサル顔率高すぎない?

この海が青く光るのってTVで見たことあるけど、体験しちゃったのねー
アリエルになったり妖精になったりリアルディズニーの世界だね
クラゲの世界はニモみたいだし

どら焼き喉に詰まらないように、続きも頑張って~v-344

2015/03/04 (Wed) 23:10 | うにトラ #- | URL | 編集
うにトラさんへ

皆基本サルでしたもんね、サル顔は多いに違いない。
今執筆中なのでお楽しみに♡

やはり自然の中なので色んなものが新鮮ですね。
コンクリートジャングルに生きてるから、自然に戯れる機会を存分に楽しまなきゃ!って思いきり詰め込みました。

ふんがっふっふって、サザエさんが詰まらせるやつ?あれ見たことなかったんですよ…
最近に上司に教えられたんです〜
昔からじゃんけんだと思ってた( ゚д゚)

2015/03/05 (Thu) 18:42 | まりもんぬ #8Zcb/IVM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する