今は昔・・・とはならないように。


昨日は、日本そして世界が静々と黙祷した日ではないでしょうか。


3月11日・・・忘れもしない、大変な1日の始まりでしたね。

ぷーたら大学生で、昼寝しようとスマホ片手にベッドにいた私。
もの凄い地鳴りが聞こえたので、本能的に玄関へ駆け出しました。

1人で家に居たもので、とっさにママさんへ連絡。
「安全を確保しながら、地震中に連絡したら絶対繋がるはず!!」そう思いまして
案の定、同じ事を考えたママさんに1コールで繋がりました。

首都直下だと思っていたので、このときまでは東京が一番酷いと思っていたんですよね。

連絡しながら、この時はまだいた飼い犬を連れ、外に退避。
まだ誰も外に出ていませんでした。
「なんて危機感のない住民だよ!!」と思いましたけど。


その後、ママさんも超特急で親戚の家から帰ると宣言され、
家に戻ると、なんだか色々すっ飛んでました。
そこでまた余震。
やっぱ外で待とうと、一応テレビを付けたら、津波とのこと・・・

あのアナウンサーの鬼気迫った叫びは、今思い出しても恐怖です。

東京だし、浸水が絶対にしない位置の地域なので、大丈夫なはずなんですけど
なんか逃げようと思いましたね。
現地の映像が入る度、身震いしました。
9.11の速報も映画だと思ったけど、それ以上の衝撃。

そこで、近所の妹分達が集まり、みな家には入らずに、真っ暗になるまで外で身を寄せ合ってました。


確かに、東京でなに怯えてるの?とか思うかも知れませんが・・・
連動で起こるかも分からないし、余震も続く
家の中で固まっていたら、とっさの時には遅いのです。
近所で纏まり、外で安全確認。危機管理は大切だと思います。
今回で無くても、いつかの役には立つはずです。


この日からしばらく、朝昼問わずに余震が続き・・・
震度2でも気がつくくらいに、身体が敏感になりました。
思えば、これが地震症候群だか恐怖症だかなんですよね?具合悪かったです。

AC~♪の声の恐怖症にもなったし。笑
ぽぽぽぽーん!!には励まされました。


あっという間の3年でした、でもまだ3年しか経ってないんだ・・・なんて。

もちろん、震災にて亡くなられた方々のことや原発や復興のことも思い返しますが

個人的には、このときまだ生きていた愛犬が今はいない事が、まざまざと思い出されます。
淋しいな~って。



若林区にいたママさんの友人は一家みな元気に暮らしていますので
知り合いを偲ぶことはないのですが・・・

いち日本人として、
忘れてはならないこととして
そして、同じ事を繰り返さない次への教訓として、黙祷しました。

(そもそも大それて言うことじゃないんだけどね)
(自分に出来ることがこんなにも無いのか、ちっぽけだな人間て・・・)



そうそう、N・H・Kつけて、オフィスの皆が黙祷していたとき
隣の課の課長のみ、電話対応で可哀想でした。笑
立って、身体を90度に折り曲げて、電話対応。

外部からの電話らしく、まぁしょうがんないんですがね~

電車だって止まっての黙祷なのに、電話してくるほどの急用ではなかったそうですから
もう、何とも言えません。





fc2_2014-03-12_17-39-23-405.jpg

早めのホワイトデーで頂きました♡
ストロベリークッキーですって~(*´∀`*)

年が2倍以上離れたおじさまに、おしゃれなお菓子を教えて貰う、20代女子。

おじさまの女子力あなどれない!!


fc2_2014-03-12_17-39-12-305.jpg

持って帰ってきたら、ぴよこがこんな顔に。

なんだよー

美味しさ半減wwwwっw


fc2_2014-03-12_17-39-53-213.jpg


引っ張り出してきたよ!!

セーラームーン!!

1000円で売れる、セーラームーンの付録だよ!


髪の毛の描き方上手いよな~
さすがです!!!!(>_<)



ところで、「ザ・ドラえもんズ」を知らない人が多すぎるんだけど!!

これほどまでに世代格差を感じたこと無いくらいに、「ザ・ドラえもんズ」知らなさすぎ(ノД`)

9801b43f.jpg

でもね、非公式なんだよねw

20代にしか分からない、映画のスピンオフが「ザ・ドラえもんズ」。

これ大好きなんだけど!!
今まで、同い年にしか通じてないw

あとは同世代の子を持つ親だけかな。
因みにうちのママさんは、詳しいwwっwww


「ザ・ドラえもんズ」見るとさ、思うのはさ・・・・


ドラえもんって裸だよねwwww



スポンサーサイト

コメント

あの日・・

3年前はまだ病院で働いていたから、あの時間札幌もけっこう長い横揺れがあってね、一応職員は病室を回って患者さんの無事を確かめたりしてたんだけど、その後テレビで流れる映像が現実とは思えなかった
どの病室でも皆言葉を失って同じ画面を注視してる姿が今でも浮かぶよ

テレビを見てるだけの傍観者になりたくないと、泥出し作業のボランティアに出発した友人をすごいと思ったけど、自分が出来たのはわずかな寄付だけ
しかもね、翌年に寄付って確定申告の対象だと後から知った時に領収書を取ってなかった事を一瞬後悔した自分が情けなかった 所詮私ってこんな人なんだ!ってねー

「その時どう行動するか」少なくとも日本人は皆考えたよね この先同じ気持ちを持ち続ける事は大変だけど、思い出して忘れない・・これが大事よね
私も初めて非常持ち出し用バッグを準備して3年・・ちゃんとチェックしなくっちゃ

これは・・人面まんじゅうだと思えばカワイイかも

で・・ドラえもんってこんなに??

2014/03/12 (Wed) 20:17 | うにトラ #- | URL | 編集

あの日のわたしはめっちゃ仕事してましたねー。
その日の夜は停電のせいで星が綺麗だったなー、とかすっごく寒かったなーとか思い出します。宮城県在住なので、この先も忘れることはないでしょう。

昨日はいろんなメディアであの日のことを振り返っていたけども、わたしは正直映像が今でも見れないんですよねー。
津波を実際に見たわけでも、周りで亡くなった方がいるわけでもないんですが、苦しくなってしまいます。
見知った場所の変わり果てた光景には、言葉が出なかったです。

まりもんぬさん達の行動は正しいですよ!防災は意識が大事!!自分を守るために、できることをちゃんと考えて実行しないとです!

最後に、付録のセーラームーンの状態の良さったら!!!高く売れそう・・・・ww

2014/03/12 (Wed) 22:03 | あるた #- | URL | 編集
うにトラさんへ

病院で働いていたんですか・・・それは大変でしたね。
自分の心配だけでなく、患者さんの対応を優先とする病院の方々の心意気はとても尊敬します。

ボランティア参加されたって凄いですよね~
私たちはみな、就活のプラスアルファになるというだけで参加していた若者がたくさんいました。
何とも言えませんが・・・
阪神淡路大震災の経験の知り合いの話では、ボランティアしたことない人が多く集まり、逆に被災者の迷惑となり、有り難迷惑だと言ってました。勿論、震災すぐの炊き出しや瓦礫撤去などのボランティアはありがたいとのことでした。
「自分でサバイバルとして生きるすべもなく、被災地に行って何するの?」って。大学主催のボランティアに行こうとした自分がなんと烏滸がましいか・・・でも、この言葉を聞けて良かったです。

寄付って確定申告の対象なんですね~知識増えた。笑

人面まんじゅう・・・
あ、ひよこはお顔から食べました。笑

ドラえもん、こんなに居るんですよ!
ただ、藤子・F・不二雄氏が考えたものでは無いのです・・・(T_T)
だからもう登場しないんじゃ無いかな~(´・ω・`)
映画のスピンオフにしか登場しないのです。再放送とかして欲しいと願ってます。

2014/03/13 (Thu) 10:11 | まりもんぬ★ #- | URL | 編集
あるたさんへ

そうですね、宮城でしたよね・・・
停電して星が綺麗だった、と言っているのを何度か耳にしたことあります。
天災はやはり一度自然に戻すんでしょうね、皮肉なことだけども(´・ω・`)

現在テレビにでる映像や話は逸話みたいに美談ばかりですよね。
もちろん、経験者のかたのためになるたけ衝撃度が少ない方法を選んでいるんだと思うのですが、
少し歴史を学んできた身からすると、ありのままを何処かに残して欲しいと思います。
いつの間にか歪んで、後世に伝わって欲しくない、と願ってます。

隣の家のお姉さんは犬を抱いたまま、家の中で棒立ちだったようです。
ビックリするのもいいですが、完全に逃げ遅れるタイプだなと・・・(`_´)
その反面、友人は揺れを感じた直後に、通帳など金目のもの(笑)を掴み、隣の広い敷地へ飛び出たそう。
それを揺れが収まるまでにやったってんだから、「完全に生き残るタイプ」です。爆笑

売るか迷うほど状態がいいんですよ~笑

2014/03/13 (Thu) 10:27 | まりもんぬ★ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する