英霊たちが眠る処

面接する本社が間近だったので、
靖国神社に行ってきました☆



菊の紋が重々しい。
あー、ここがよくニュースになるとこか。
なんて思いながら、参拝。

桜は散っていたけど、まだ残る花びらがハラハラと気持ちいい。
東京の開花宣言は靖国の桜だったはず。
桜って散るとガクばっかりできちゃないよねww
ソメイヨシノの代わりに八重桜が満開(´v`)


「舞殿と八重桜」

その後、参道を逆行。
青銅色の鳥居を見上げて、
あ!SPドラマ『英霊』のロケ地だわ、と思い出した。
向井理やARATAやビートたけしや小栗旬らが出演した戦争ドラマが『英霊』だったはず。
戦時中を語るのではなく、現代に蘇る兵隊たちの霊が語る物語。
内容が斬新だったし、ARATAとビートたけしの役が素晴らしかったのが印象に残っていた。


そのARATAが暗記した手紙内容をぶつぶつと囚われたように歩いていた鳥居前。
英霊にも成れず、憎しみの果てに死んだ兵隊の霊。
確か、戦争地から出された手紙を閲覧し、排除してた人だったはず。
この俳優スゴいと思った演技を覚えてる。


なにより大きい25メートルの鳥居。
先ほどの鳥居よりデカイ。
靖国神社の偉大さが伝わる鳥居だわ。


トイカメラ式のアプリで撮ったとき、ちょうど群で来た参拝者が………写りこんでいた。
まるで、英霊たちが現代に帰還したかのようで驚いた。
そう、ドラマと同じ。

ある夜の間だけ帰ってきた英霊たち。
現代を目の当たりにして、一言。
「俺達が守りたかった日本はなんだったのか。」(ビートたけし)
人との繋がりが薄くなった現代に対しての言葉だった。

過去を通して、未来を見なければ。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する